多様化する葬儀のスタイルについて知っておこう

女性

多数存在する葬儀社

日本の中心都市、東京にはたくさんの葬儀社があり、また各地域だけでも複数存在するので依頼先に困ってしまうと予測されます。なるべく近場で選ぶのも大切ですが、その中からまた葬儀社を見極める必要があります。例えば、八王子で葬儀を執り行う場合は八王子にある葬儀社を選ぶのですが、八王子に隣接する日野市などでも利用することが可能です。少し範囲を広げることで故人に喜んでもらえる葬儀社を見つけることができるかも知れませんよ。

花

スタイルで選ぶ

一般的に葬儀と言えば二日間に渡って通夜葬儀を執り行い、生前故人と関わりのある人達を呼んで偲ぶというのが一般的でしたが、最近は様々な葬儀スタイルが存在します。そのため、故人のことを考えて葬儀スタイルを選ぶと良いでしょう。

様々な葬儀スタイル

数珠
no.1

家族葬

近年、一般葬よりも選ばれている葬儀スタイルが家族葬になっています。家族葬は名前の通り家族だけで葬儀を執り行うものであり、ゆっくりと故人とお別れできるという点で選ばれています。

no.2

一日葬

一般葬であれば二日間でしたが、一日葬は一日で通夜葬儀を執り行うものとなっています。

no.3

直葬

直葬は火葬のみを行なうもので、費用を最小限に抑えることができるスタイルになっています。

no.4

自由葬

縛りなどがほとんどなく、故人が好きだった音楽を流しながら葬儀を執り行ったりするスタイルになっています。宗教なども関係ないので誰でも選択することができるスタイルと言えるでしょう。

no.5

散骨

基本的にはお墓などを用意するのですが、散骨はお墓を必要としません。骨を海などに撒くスタイルとなっており、海が好きな故人の希望などで散骨を選択する人も多いでしょう。

葬儀の流れを知っておこう

親族が亡くなった場合、葬儀の流れを知っておかないと慌ててしまうため事前に知っておくことで慌てず葬儀を執り行うことができるでしょう。また、成田に住んでいる場合は成田周辺の葬儀場なども調べておくと良いですよ。

葬儀の流れとは

男性

葬儀社との打ち合わせ

利用する葬儀社を決めたらまずは連絡をとります。また、菩提寺にも連絡を入れておき僧侶に来てもらう必要があるのですが、僧侶が訪れる日までに葬儀社との打ち合わせが行われます。

連絡をする

生前、故人と関係のあった方々に連絡を行ない、また自治会の責任者にも連絡をしておきましょう。

納棺

僧侶に枕経を読経してもらい、親族で納棺を行ないます。納棺が終わった後は葬儀場に移動となり、葬儀場で通夜を執り行います。

通夜

通夜は僧侶の読経が行なわれ、焼香などが行われます。通夜が終わると通夜振る舞いが行われ、最近はオードブルなどが用意されているのでそこで親族などと話をしたりする機会が設けられるでしょう。この時に参列者に返礼品などを渡します。

告別式

葬儀式や告別式が終わると出棺となり、火葬場に移動して火葬をしてもらいます。

葬儀を東京で依頼しちゃおう 高津区の葬儀社はこちらがお勧め!

広告募集中